そのUSB安全ですか?

お手軽なUSBメモリ

現代ではUSBメモリが大容量かつ安価で販売されていることもあって広く普及し利用されています。 しかし手軽で便利に使える反面、USBメモリ経由のウイルス感染による情報流出などの危険性が増しています。 そこでUSBメモリを使うに当たって気を付けるべき点について紹介したいと思います。 まずはセキュリティソフトを最新の状態にすることです。 せっかくセキュリティソフトを導入していても、最新状態でなければ新型のウイルスに対応できないことがあるからです。 その為セキュリティソフトはこまめに最新状態にしておく必要があります。 次の気を付けるべき点は、他人のUSBメモリやパソコンを安易に利用しないことです。 他人のものではセキュリティが万全でない場合があり、そこからウイルス感染する危険性があるからです。 この他にもいくつかの気を付けるべき点は存在し、USBメモリの使用の際は迂闊な行動は心がけるようにした方が良いです。

最近のUSBメモリには便利な機能を有している商品が開発されており、それを利用して安全にUSBメモリを使用できるようになっています。 例えばセキュリティー機能を持ったUSBメモリなどが存在します。 セキュリティー機能付きのUSBメモリはライセンス付きのウイルスチェック機能や暗号化機能などを有しています。 そのためウイルス感染や盗難、紛失といったトラブルにも対応しており、もしもの時には被害を最小限に抑えることができるようになっています。 また、ウイルス感染防止や情報漏えい防止などの目的に合わせたものを選ぶことができるようにもなっています。 このように最近のUSBメモリには便利な機能を持っているものがあるので、それを利用して安全に使用することができるようになっています。

持ち運びが容易な

USBメモリーは、小さくて持ち運びが非常に容易です。そのため、紛失してしまった事件も数多く聞くことがあります。そこで、USBメモリに、セキュリティ機能が施されているものを使うことで被害を最小限に抑えられます。

Readmore

マルチドライブの活用

現在の、デュプリケーターと言えばマルチドライブでDVDとCDを同時に複数できる製品が多いです。しかし、品質に拘る場合CDだけをコピーできるデュプリケーターが良いとされています。

Readmore

様々なメディアに対応

デュプリケーターは、様々なメディアに対応したものがあります。パソコンと違い、機械の対応枚数までなら自動で作成することが可能で品質もパソコンとは違いバラつきがありません。

Readmore